やりがいの悩み

仕事にやりがいが欲しい!やりがいを感じるために必要なこと

やりがいの悩み

このような方におすすめ!

悩んでいる人
悩んでいる人
  • 今の仕事にやりがいを感じない
  • やりがいを感じられる仕事に就きたい
  • 仕事にやりがいが必要かわからない


この記事を読むことで、以下のことが分かります。

記事で分かること
  • やりがいの見つけ方
  • 仕事におけるやりがいの必要性


フルフル
フルフル

私は人事コンサルタント・職場カウンセラーとして数多くの企業、そしてそこで働く人の悩み相談を行ってきました。

その私が、仕事にやりがいを持ち楽しく働く方法をまとめました。


結論ですが、仕事のやりがいには見つけ方があります。

なぜなら、人がやりがいを感じるポイントには共通点があるためです。


3分ほどで読めますので、「仕事にやりがいがない!」という方は参考にしてください。

仕事のやりがいとは

「仕事におけるやりがい」とは何でしょうか?

他の記事で「やりがい」について以下のように紹介しました。

やりがいとは「物事を行う上での充足感や手応え」のことを言います。

時間を忘れるくらい趣味などに没頭したことがあるのではないでしょうか?

それは、まさにやりがいを感じている状態です。


しかし、読書には没頭できるが、スポーツには没頭できない人がいるように、人によってやりがいを感じるポイントは異なります。

同様に、同じ仕事を行ってもやりがいを感じる人がいれば退屈に感じてしまう人がいます。

出典:職場問題の処方箋「やりがいとは時間を忘れるくらい仕事に没頭している状態


つまり、「仕事におけるやりがい」とは時間を忘れて仕事に没頭できるものといえます。

そして、やりがいがあることで仕事の時間が充実し、また仕事を通じて成長ができるでしょう。

仕事にやりがいがないという理由で退職する人は多い

厚生労働省が2020年に調査した「前職を辞めた理由」では、男性では9.6%の方が、女性では10.2%の方が”仕事への興味ややりがいの無さ”を挙げています。

これは、「計画期間満了」を除くと男性では最も多く、女性では3番目に多い退職理由です。

厚生労働省:転職入職者が前職を辞めた理由別割合

出典:厚生労働省「令和2年雇用動向調査結果の概要


つまり、男女ともに退職・転職の理由として「やりがいの無さ」を挙げる人は多いと言えるでしょう。

やりがいの必要性と見つけ方を解説

やりがいの悩みの解決方法

今の仕事にやりがいを感じていますか?

そもそも、仕事にやりがいは必要でしょうか?

仕事にやりがいを感じるためには、以下の二つを考える必要があります。

  • やりがいの必要性
  • やりがいの見つけ方・感じ方


それぞれ見ていきましょう。

仕事におけるやりがいの必要性

やりがいの悩み「やりがいの必要性」

仕事にやりがいは必要でしょうか?

やりがいを持つメリット・デメリットは以下です。

◆メリット
・仕事の時間が充実する
・仕事を通じてキャリアを築くことができる

◆デメリット
・やりがい搾取にあう可能性がある
・モチベーションが変動しやすい

詳細はこちらの記事で紹介しています。


また、仕事におけるやりがいの必要性に触れている記事を紹介します。

仕事にやりがいを感じない理由

今の仕事にやりがいを感じないと悩んでいませんか?


本記事ではやりがいを感じない仕事の特徴を紹介しています。

また、仕事でやりがいを感じるために取るべき行動を解説しています。


やりがいは与えられるものではなく見つけるものです。

行動をして職場環境を変える努力をしましょう。

>> 仕事にやりがいを感じない!?5つの理由とやりがいの必要性

やりがいもお金のどちらが大事か

仕事において重要なのはやりがいとお金のどちらでしょうか?


本記事では、やりがいとお金を重要視するそれぞれのメリット・デメリットを紹介しています。

その上で、統計データやいくつかの理論を元にどちらが大事かを解説しています。

どちらも高めて、仕事に満足できるようにしましょう。

>> 【やりがいorお金】人事コンサルが教える20代が仕事に必要なのはどっち

やりがい搾取に合わない方法

あなたはやりがい搾取をされていないでしょうか?

やりがい搾取をされているかどうかは意外と自分ではわからないものです。


本記事ではどのような職場が「やりがい搾取」といえるのかまとめました。

人生を豊かにするために、搾取されていると感じたら改善するようにしましょう。

>> やりがい搾取されていない?人事コンサルが教える5つの危険な職場

仕事におけるやりがいの見つけ方

やりがいの悩み「やりがいの見つけ方」

読書に没頭できる人とできない人がいるように、同じ仕事でもやりがいを感じる人と感じない人がいます。

そのため、仕事にやりがいを感じるためには、あなたがどのようなことにやりがいを感じるのかを考える必要があります。


以下では、やりがいの見つけ方について紹介している記事を紹介します。

なお、やりがいの見つけ方としてマジキャリを利用することもおすすめしています。

やりがいを感じるポイント

今の仕事にやりがいを感じていますか?

勤務中に早く帰りたいと考えてはいませんか?


人が何をしている時にモチベーションが高くなるのか、やりがいの見つけ方を紹介しています。

自分にどんな方法が適しているのかを知ることで、仕事に対するやる気が高まるでしょう。

>> やりがいの見つけ方。モチベーションを高めて仕事をする方法【事例紹介】

やりがいがある職場の見つけ方

仕事にやりがいがないから辞めたいと感じていませんか?


しかし、計画なしに退職してしまうのは危険です。

やりがいは与えられるものではなく見つけるものだからです。


本記事では、やりがいの見つけ方を紹介しています。

計画的にやりがいがある職場に転職しましょう。

>> 仕事にやりがいがないから辞めたい。やりがいがある職場の見つけ方5選

仕事が覚えられないのはやりがいのせい?

仕事を中々覚えることができず、会社を辞めたいと考えていませんか?

あなたが仕事を覚えられないのは記憶力やスキルのせいではありません。


本記事では、仕事を覚えられない原因とその対処法を紹介しています。

現状を変えるために行動をしましょう。

>> 仕事が覚えられなくて辞めたい!業務を忘れる原因5選【ストレスを0に】

まとめ:あなただけの「仕事のやりがい」を見つけよう

本記事では仕事にやりがいを持ち楽しく働く方法を紹介しました。

ポイントは2つです。

  • やりがいの必要性を理解する
  • やりがいの見つけ方を知る

仕事のやりがいは与えられるものではなく見つけるものです。

あなた独自のやりがいを見つけましょう。


なお、手っ取り早くやりがいを見つけたい場合はマジキャリ転職エージェントに相談しましょう。

キャリア形成のプロがあなたの強みや興味を棚卸ししてくれます。

>> 登録だけでもOK!おすすめの転職エージェント【登録無料を厳選】


本記事が仕事へのやりがいで悩んでいる人の参考になると幸いです。

コメント

今すぐ環境を変えたいなら転職エージェントに登録!
無料で登録できるおすすめエージェントはこちら▶▶
詳細はコチラ
今すぐ環境を変えたいなら
  転職エージェント!
詳細はコチラ
タイトルとURLをコピーしました