やりがいの悩み

仕事にやりがいを感じない!?5つの理由とやりがいの必要性

やりがいの悩み

このような方におすすめ!

悩んでいる人
悩んでいる人
  • 今の仕事にやりがいを感じない
  • 仕事が楽しくなく苦痛
  • やりがいを感じる仕事に転職したい


この記事を読むことで、以下のことが分かります。

記事で分かること
  • あなたが仕事でやりがいを感じない理由
  • 仕事にやりがいが必要かどうか


フルフル
フルフル

私は人事コンサルタント・職場カウンセラーとして数多くの企業、そしてそこで働く人の悩み相談を行ってきました。

その私が、仕事にやりがいを感じない5つの理由をまとめました。


結論ですが、やりがいを得るためには仕事環境を変えましょう。

なぜなら、やりがいは与えられるものではなく見つけるものだからです。


3分ほどで読めますので、「仕事にやりがいを感じない!」という方は参考にしてください。

仕事でやりがいを感じない理由5選

同じ仕事を行っていても、その仕事にやりがいを感じる人と感じない人がいます。 

これは、単純な性格の違いではありません。


どういう時に仕事に人はやりがいを感じないのか見ていきましょう。

仕事内容に興味が持てない

仕事自体に興味が持てない場合、やりがいは感じづらいです。

なぜなら、仕事内容に興味が湧かず受身になると仕事意欲が減るためです。


例えば以下のような仕事です。

  • クリエイティブな仕事がしたいのに、定型業務が多い
  • コミニュケーションが苦手なのに、電話業務が多い
  • 現場で業務をしたいのに、マネジメント業務が多い


これらは、あなたの性格や価値観と仕事がミスマッチしている状態です。

あなたにとって魅力的な仕事じゃないと、やりがいは感じないでしょう。

職場の人間関係が悪い

職場の人間関係が悪い場合、やりがいは感じづらいです。

なぜなら、職場の人間関係が悪いと1日の3割を占める仕事の時間を苦痛に感じるためです。


しかし、職場の人と深い人間関係を構築する必要はございません。

なぜなら、職場は価値観や性格が異なる人が集まっている組織だからです。

>> 職場の人間関係は深入りしないほうがいい!3つのメリットと方法


適切な人間関係が築けていないと、仕事の時間が苦痛になりやりがいは感じないでしょう。

仕事を通じて自身のキャリアが見えない

自身のなりたい姿やキャリアが仕事の延長線上に見えない場合やりがいを感じづらいです。

なぜなら、そのような仕事には知的好奇心が湧かないため、能動的に動けないためです。


特に今の仕事に没頭できていない人は要注意です。

まずは、どのようなキャリアを歩みたいか考えてみましょう。


なお、キャリアを考えるときはマジキャリの利用をすすめています。

プロのアドバイザーがキャリア形成のサポートをしてくれます。

一緒に成長できる仲間がいない

切磋琢磨できる仲間が職場にいない時もやりがいを感じづらいです。

なぜなら、仲間と一緒に仕事をすること自体にやりがいを感じる人が多いためです。


例えば、一人で行うゲームよりも友だちと一緒に行うゲームやオンラインゲームの方が没頭できた経験はないでしょうか?

仕事も同様に、一人で孤独に行うよりも同僚と手分けしながら仕事をするほうがやりがいを感じるでしょう。


しかし、必ずしも職場での孤立が悪いわけではありません。

職場で孤立することは、職場の人間関係のトラブルに巻き込まれないなど多くのメリットがあります。

あなたにとって居心地のいい職場環境を築くようにしましょう。

>> 職場で孤立しても気にしないでいい理由5選!人間関係に悩まない

業務がルーティン化している

業務が単調でルーティン化している場合、仕事にやりがいを感じづらいです。

なぜなら、仕事の工夫や業務を通した自己成長ができないためです。


例えば以下のような業務です。

  • 定型化された頭を使わなくて良い業務
  • マニュアルが完備された代替しやすい業務
  • データ入力などのルーティンワーク


日々の業務に変化がない場合はやりがいを感じづらいでしょう。

仕事にやりがいは必要か

仕事でやりがいを持つことには多くのメリットがあります。

ここからは、やりがいがあると具体的にどのような効果があるのか見ていきましょう。

仕事にやりがいを持つことのメリット

仕事にやりがいをもつと以下のようなメリットがあります。

  • 仕事の時間の満足度が高い
  • 仕事を通じてキャリアを形成できる


1日の中で3分の1を占める仕事の時間を充実させるにはやりがいが必要です。

詳しくは以下の記事で解説していますのでご参考ください。

>> 【やりがいorお金】人事コンサルが教える20代が仕事に必要なのはどっち

1:1.6:1.6の2乗の法則

仕事にやりがいがあると仕事の生産性も高くなります。

例えば、1:1.6:1.6の2乗の法則があります。

1:1.6:1.6の2乗の法則
  • 指示された仕事を目的を理解せず行った際の成果:1
  • 指示された仕事の目的と意義を理解して行った際の成果:1.6
  • 仕事でより良い結果を出すために能動的に動いた際の成果:1.6の2乗


すなわち、仕事の目的を理解しやりがいを持ち能動的に動くことで仕事の成果向上するということです。

そのため、やりがいを持って行動することで仕事の生産性が高まるでしょう。

やりがい搾取は要注意

やりがいを求める中で「やりがい搾取」にあっている場合は要注意です。

「やりがい搾取」とは、給与の代わりに「やりがい」を与えて低賃金で労働力を搾取することです。
雇用主が従業員に不当な長時間労働や低賃金を強いてる企業に言われます。
「ブラック企業」と共に使われるようになった言葉で、ベンチャーや中小企業にやりがい搾取をしている企業が多いです。

参考:職場問題の処方箋「やりがい搾取とは


例えば以下のような職場は危険です。

  • 業界や職場に特殊な風潮がある
  • 社員が会社や上司に恩がある
  • 企業理念に強く共感している人が多い


「自分は給与も労働時間も今の職場で満足しているから大丈夫!」

という方も安心はできません。


他者から見ると実はやりがい搾取されているかもしれません。

仕事にやりがいは必要ですが、やりがい搾取されないように気をつけましょう。

>> やりがい搾取されていない?人事コンサルが教える5つの危険な職場

仕事でやりがいを感じる方法

仕事をするうえでやりがいは必要不可欠です。

やりがいがない場合、転職エージェントに登録し職場環境を変えるのも良いでしょう。


しかし、環境を変えたからと言って必ずやりがいが見つかるものではありません。

なぜなら、やりがいは与えられるものではなく見つけるものだからです。


例えば、仕事でやりがいを見つけるには以下のような作業が必要です。

  • 仕事にやりがいを感じない原因を知る
  • 内発的動機を分析する
  • 仕事の意義を考える


しっかりと内省し、あなた独自のやりがいを見つけましょう。

以下の記事ではやりがいを見つける方法について解説しています。

>> 仕事にやりがいがないから辞めたい。やりがいがある職場の見つけ方5選

まとめ:あなた独自のやりがいを見つけよう

本記事では仕事でやりがいを感じない理由を紹介しました。

仕事でやりがいを感じない理由
  • 仕事内容に興味が持てない
  • 職場の人間関係が悪い
  • 仕事を通じて自身のキャリアが見えない
  • 一緒に成長できる仲間がいない
  • 業務がルーティン化している


やりがいを感じない職場で勤務されている方も多いと思います

しかし、やりがいがある仕事につくと多くのメリットがあります。


仕事でやりがいがほしい方は転職エージェントに登録し職場環境を変えるのが良いでしょう。

エージェントのアドバイザーがあなたの価値観や強みに沿った求人を紹介してくれます。


仕事時間をやりがいのある楽しい時間にできるのはあなただけです。

まずは行動をして、職場環境を変える努力をしましょう。

コメント

今すぐ環境を変えたいなら転職エージェントに登録!
無料で登録できるおすすめエージェントはこちら▶▶
詳細はコチラ
今すぐ環境を変えたいなら
  転職エージェント!
詳細はコチラ
タイトルとURLをコピーしました