退職/転職の悩み

退職代行サービスのデメリット・メリット!業者の特徴を解説【利用者が解説】

退職/転職の悩み

このような方におすすめ!

悩んでいる人
悩んでいる人
  • 退職代行サービスの利用を考えている
  • 退職代行のメリット・デメリットが知りたい
  • 今の会社を退職しようとしている


この記事を読むことで、以下のことが分かります。

記事で分かること
  • 退職代行サービスを利用するメリット・デメリット
  • 退職代行を利用すべき人の特徴


フルフル
フルフル

私は人事コンサルタント・職場カウンセラーとして数多くの企業、そしてそこで働く人の悩み相談を行ってきました。

その私が、退職代行サービスのメリット・デメリットをまとめました。


結論ですが、退職を言い出せない・できないなら退職代行サービスを使いましょう。

上司の顔色伺いや会社都合で時間がたつのがもったいないためです。


3分ほどで読めますので、「退職代行サービスのメリットデメリットを知りたい!」という方は参考にしてください。

退職代行サービスとは

退職代行サービスとは、退職手続きに必要な会社や上司とのやりとりを代行してくれるサービス。

退職代行サービスは会社との退職関連のやり取りを代行してくれるサービスです。

例えば、退職には以下のような多くの手続きが必要です。

  • 退職を上司に伝える
  • 辞表届を提出する
  • 業務の引き継ぎをする…etc


しかし、上司や会社に中々言い出せない人もいるでしょう。

そのような人に代わって、上司や会社への連絡をしてくれるのが退職代行です。


若者を中心に利用者が多く、2〜3人に一人が退職代行サービスを利用しているという調査データがあります。

2~3人に一人が退職代行サービスを利用している調査データ。

参考:日本労働調査組合「退職代行サービスに関するアンケート


退職代行サービスを利用することで、退職手続きに関わる会社とのやり取りを代行してもらうことができます。

>> 退職代行サービスとは?会社員が退職代行業者で円満に退社する方法【利用者が解説】

退職代行サービスのメリット

退職代行サービスのメリット

労働者の代わりに退職を行ってくれる退職代行サービス。

しかし、それ以外にも退職代行には以下のメリットがあります。

  • 上司や会社と直接のやり取りが不必要
  • 会社を必ず辞められる
  • 辞めたいタイミングで辞められる


それぞれ見ていきましょう。

上司や会社と直接のやりとりが不必要

  • 上司や会社に退職を伝えづらい
  • 退職を上司が受け入れてくれない
  • 退職を依頼すると面談ばかりされる


上記のように退職をしたいけど、中々事が進まない人も多いと思います。

フルフル
フルフル

実際私も自分で退職依頼をしたときは、退職するまでに3ヶ月ほどかかりました。


退職代行サービスを利用することで、直接的なやり取りがなくなります。

その結果、心理的な負担や引き止めることなく退職をすることができます。

会社を必ず辞められる

退職代行サービスを利用すると必ず退職することができます。

これは企業規模やブラック企業等であっても同じです。


なぜなら、民法第627条に2週間前までに申入れをすると退職できると記載があるためです。

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

参照元:民法第627条


これは、就業規則に以下のような記載があっても適用されます。

  • 退職希望日の1ヶ月前までに会社に伝えなければならない
  • 所属の上長に退職の旨を伝えなければいけない
  • 業務の引き継ぎを全て完了してから退職が可能になる


上司が会社を辞めさせてくれない場合は、退職代行サービスを利用しましょう。

辞めたいタイミングで辞められる

  • 辞めたいけど引き継ぎが大変
  • 人手不足だから有給消化に入れない
  • 辞めたいけど引き止められる


このように、退職の意志はあるのにずるずると退職日が後ろ倒しになってはいませんか?

就業規則にどのような記載があろうとも、前述したとおり退職申入れ日の2週間後に辞められます。

フルフル
フルフル

実際、私が退職代行を利用したときも引き継ぎや引き止めなく辞められました。

退職日が引き延ばされている人は是非利用しましょう。


また、その2週間には有給も含まれます。

そのため、2週間(営業日だけ)分の有給があれば、申入れ後に一度も出社や仕事をする必要はありません。

退職代行サービスのデメリット

退職代行サービスのデメリット

退職代行サービスには以下のようなデメリットも存在します。

  • 費用がかかる
  • 悪質な代行業者がいる
  • 元上司・同僚と疎遠になる可能性がある

それぞれ見ていきましょう。

費用がかかる

退職代行サービスの相場は2万〜5万円です。

代行をしてもらうと、自力で退職をした人にはかからない費用が発生します。

  • 経済的に余裕がない人
  • 次の職場が決まっていない人


このような人にとっては不安だと思います。

利用前に費用をかけてでも退職代行サービスが必要か考えましょう。

悪質な代行業者がいる

民間業者の中には、退職に関わる労働法を正確に理解していない業者もいます。

その結果、以下の被害が起こりうる可能性があります。

  • きちんと退職ができない
  • 退職ができなかった時の返金がない
  • 弁護士法に違反した行為を業者が行う


退職代行サービスを利用する際は、評判や口コミを確認して利用しましょう。

※本サイトで紹介している業者は、悪質な評判がない業者を選定しています。

元上司・同僚と疎遠になる可能性がある

退職代行サービスを利用すると、上司や同僚に挨拶をすることなく退職する事が多いです。

その結果、疎遠になってしまうこともあるでしょう。

フルフル
フルフル

私もプライベートで関わりのない人とは関係がなくなりました。

上司によっては心象が悪くなってしまったかもしれません。


上司や同僚と今後も関係性を持ちたい場合は、事前に伝えるか自力で退職しましょう。

退職代行サービスのオススメランキング

国内の退職代行業者は100社以上あると言われています。(2020年データ)

そして、それぞれの業者の特徴は微妙に異なるため一つずつ見比べるのは困難です。

フルフル
フルフル

私が業者を利用したときも、どの業者が良いのかとても悩みました。

評判や価格を踏まえたうえでオススメの退職代行業者を紹介します。

順位サービス名こんな人に
オススメ!
料金支払方法おすすめポイント
1位
退職110番
料金が高くても、必ず退職でき、
また何か問題が起きた時も対応してほしい方!
43,800円クレジットカード・労働問題専門の弁護士が対応
・残業代や未払金の各請求代行も可能
・全額返金保証あり
2位
退職代行ガーディアン
あまり費用をかけずに、
実績がある退職代行業者に頼みたい方!
29,800円クレジットカード
銀行振込
・東京都労働委員会に認証されている法適合の合同労働組合
・多くのメディア掲載実績あり
・低価格で利用可能
3位
男の退職代行
男性のみを対象とした退職代行に、
低価格で頼みたい方!
26,800円クレジットカード
銀行振込
コンビニ払い
PayPay
翌月後払い…etc
・20~30代の男性が選ぶ業者第1位
・全額返金保証あり
・業界最安価格で多くの支払い方法が可能
4位
女性の退職代行
女性のみを対象とした退職代行に、
低価格で頼みたい方!
29,800円クレジットカード
銀行振込
コンビニ払い
PayPay
翌月後払い…etc
・女性が選ぶ業者第1位
・全額返金保証あり
・業界最安価格で多くの支払い方法が可能
5位
辞めるんです。
LINEのみのやり取りで、
かつ完全成果報酬型の業者が良い方!
27,000円クレジットカード
銀行振込
・完全成果報酬型のため後払いが可能
・7000件以上の実績あり
・業者との面談もなくLINE上のやり取りですべてが完結

まとめ:退職しづらい人は退職代行サービスを使おう

本記事では退職代行サービスのメリット/デメリットについて紹介しました。

退職代行サービスのメリット/デメリット

◆メリット
・上司や会社と直接のやり取りが不要になる
・会社を必ず辞められる
・辞めたいタイミングで辞められる

◆デメリット
・費用がかかる
・悪質な代行業者がいる
・元上司・同僚と疎遠になる可能性がある


退職代行サービスについて良いイメージを持っていない人もいるでしょう。

または、退職代行サービスの利用に抵抗がある人もいると思います。


しかし、不満がある会社でずっと勤務をすることはもったいないです。

一人で辞めることが難しければ退職代行サービスを利用しましょう。

コメント

今すぐ環境を変えたいなら転職エージェントに登録!
無料で登録できるおすすめエージェントはこちら▶▶
詳細はコチラ
今すぐ環境を変えたいなら
  転職エージェント!
詳細はコチラ
タイトルとURLをコピーしました