人間関係の悩み

職場の人間関係でやらかした。5つの対処法と失敗しない方法

人間関係の悩み

このような方におすすめ!

悩んでいる人
悩んでいる人
  • 職場の人間関係でやらかしてしまった
  • 人間関係を挽回したい
  • やらかしてしまった現状を回復したい


この記事を読むことで、以下のことが分かります。

記事で分かること
  • 職場の人間関係にやらかしてしまったときに取るべきこと
  • 職場の人間関係でやらかさないために必要なこと


フルフル
フルフル

私は人事コンサルタント・職場カウンセラーとして数多くの企業、そしてそこで働く人の悩み相談を行ってきました。

その私が、職場の人間関係でやらかしたときに考えたいことをまとめました。


結論ですが、挽回できるかを考え、現状維持か転職を検討するのがいいです。

なぜなら、巻き返すことができない「やらかし」もあるためです。


3分ほどで読めますので、「職場の人間関係でやらかしてしまった!」という方は参考にしてください。

職場の人間関係で本当にやらかしたのかを客観的に考える

まずは、あなたが本当に人間関係でやらかしてしまったのか状況を整理して考えましょう。

しかし、中々客観的に考えづらいとおもいます。


なので、以下ではやらかしてしまった時の周りの反応を紹介します。

あなたの周囲の反応と比較してみましょう。

同じ部署の人の反応

「やらかしてしまった」と感じたときに、周囲の表情やため息、言動を確認してみましょう。

周囲の人が感情を表に出さない人でも悪い空気感は伝わってきます。

いつもと違う空気感を感じたときは、問題を起こしてしまっているかもしれません。


また、やらかしてしまった後にどんな反応をされているのかも振り返って下さい。

以下のような行動をされた場合、やらかしてしまった可能性が高いでしょう。

  • 下を向いて見て見ぬ人が多い
  • 相談してもはぐらかされてしまう
  • 助けを求めても素っ気なくされてしまう


やらかしてしまったかを判断するために、まずは身近な同じ部署の人の反応を見ましょう。

他部署の人の反応

他部署の人に冷たい対応をされている場合、あなたの悪い評判が既に広がっているかもしれません。

反対に、普段と違和感なく接してくれているのであればやらかしてないとも言えます。


反応を見る為にも、やらかしてしまった後に一度話しかけて様子を見るのもいいでしょう。

その際に以下のような反応をされてしまった場合、問題を起こしてしまっているかもしれません。

  • 挨拶しても無視されてしまう
  • 顔を合わせて会話してくれない
  • すぐに話しを終わらせようとする


隣接する部署の人や他部署の同僚の反応を見てみましょう。

仕事に対する評価

以下の対応を受けている場合もやらかしてしまった可能性が高いです。

  • 業務に対して正当な評価を貰えていない
  • 仕事を任せて貰えなくなった
  • 仕事のフィードバックが厳しい・ない


人事評価には定性面において、評価者の感情がどうしても入ってしまいます。

そのため、良好な人間関係が築けていない場合、自己評価よりも上司評価が低くなります。


しかし、評価が低いのはやらかしてしまったからではなく別の原因のときもあります。

評価が低い場合は、他に要因がないかも合わせて考えましょう。

>> 仕事が評価されなくて悔しい。。3つの評価されない理由

職場の人間関係でやらかしたときの対処法

職場の人間関係の改善は難しく、簡単には修復できないでしょう。

しかし、やらかしてしまったからといって人間関係の修復を諦める必要はありません。


なぜなら、正しい対処法を知ることで悪化を防ぐことができるためです。

どのような対処法があるか見ていきましょう。

挽回できるかを客観的に考える

まずは犯してしまったミスが取り返しのつかない事なのか、あるいは挽回できるのか考えま

しょう。

問題によっては早急に対応をすることで、人間関係が回復できるかもしれません。


例えば、以下のような問題は挽回しやすいでしょう。

  • 会社や職場の人に被害が出ていない
  • 通常業務に支障が出ていない
  • あなたのキャリアに影響が薄い

挽回ができるのかどうかをまずは考えてみましょう。

仕事で成果を上げる

仕事で成果を上げると過去の失敗をしつこく責める人は自然といなくなります。

なぜなら、あなたの努力が周囲に伝わり尊敬されるためです。


また、「過去の失敗に囚われない人」という印象も生まれるでしょう。


例えば、あなたの会社の幹部や役員陣の中で、若手の頃に異性関係のトラブルを起こしていたり、あるいは社外からクレームを受けていた人はいないでしょうか?

そのような人に対して、過去の失敗を今も言及する人はいないでしょう。


職場の人間関係でやらかしてしまったからこそ、仕事に励み成果を出せるように心掛けましょう。

なるべく早く謝罪と今後気をつけることを伝える

被害者がいる場合、謝罪が遅くなればなる程相手の怒りは大きくなってしまいます。

そのため、可能な限り早い段階で謝罪をするようにしましょう。


謝罪をする際のポイントは以下です。

  • ミスに気づいた時点ですぐに報告
  • 完結にミスの内容について伝えて謝罪する
  • 自分の非を認め、感情を込めて謝罪


また、相手としては同じようなことが再発することを恐れています。

再発させないための具体策も併せて伝えるようにしましょう。

孤立をしても割り切る

職場の人間関係でやらかしてしまった場合、孤立することもあるでしょう。

しかし、孤立したとしても業務上の不都合が出るほど嫌がらせをする人はいません。


むしろ、職場で孤立することには多くのメリットがあります。

>> 職場で孤立しても気にしないでいい理由5選!人間関係に悩まない


孤立したとしても職場の人間関係だと割り切り仕事に専念するようにしましょう。

転職エージェントに登録する

職場にどうしても居づらくなってしまった場合、転職エージェントに登録するのもいいでしょう。

なぜなら、エージェントに登録することでいつでも転職ができるという安心感を得られるためです。


転職エージェントに登録したからと言って、必ず転職をしないといけないということではありません。

エージェントの中では無料登録できるところもあるため、まずは登録だけしてみるのも良いでしょう。

>> 登録だけでもOK!おすすめの転職エージェント【登録無料を厳選】

職場の人間関係の回復が難しい場合

職場の人間関係でやらかしてしまった場合、努力しても改善することが難しいときもあります。

以下から、回復が難しい場合に取るべき行動を紹介します。

上司や人事部に相談

職場の人間関係の回復が難しい場合、まずは会社内で職場環境を変えてみましょう。

例えば信頼できる上司や人事部に細かく事の経緯や現状を伝え、部署異動をしてみることです。


現在の部署と接点が少ない部署の場合、新たな職場環境で仕事に取り組めるでしょう。

また、1人で抱え込まずに誰か近くに話しを聞いてくれる人がいるだけでも心は落ち着きます。


気をつけるべきポイントは以下の3点です。

  • 企業規模によっては現部署での内容がすでに伝わっている
  • やらかした内容が異動先にも伝わる可能性がある
  • 希望の職種につけるとは限らない


部署異動には転職と比べ手軽にできる反面、上記のようなデメリットもあります。

リスクを許容できるか判断し決断しましょう。

転職を検討

もし、出社するのも億劫になってしまったのならば転職することも視野に入れるべきです。

なぜなら、継続的なストレスを抱えながら仕事を続けると、心身に重大な影響を与えてしまうからです。


転職をする際は転職エージェントを活用しましょう。

なぜなら、転職には以下のようなことを行わなければいけないため、サポートを受けたほうが効率的なためです。

  • 職務経歴書の作成
  • 転職先とのやりとり
  • 面接対策


転職は逃げることではなく新たな一歩を踏み出すことです。

まずは行動をし、現状の改善をするようにしましょう。

職場の人間関係でやらかさないようにするには

職場の人間関係において正解はありません。

人によって求める人間関係の深さが異なるためです。


しかし、失敗しないよう気をつけることはできます。

では、やらかさないようにするためにはどのような立ち居振る舞いをするのが良いか見ていきましょう。

同じ過ちを繰り返さない

もしあなたが、職場の人間関係で一度失敗したのなら繰り返さないようにしましょう。

立て続けに同様の失敗をしてしまうと、1回目のときよりも長期間人間関係が悪くなるためです。


社会人だからこそ「しょうがない」では済まされないのです。

職場の人間関係でやらかしてしまったら繰り返さないようにしましょう。

職場の人間関係に深入りしすぎないようにする

人によって職場の人間関係で求めている距離感は異なります。

しかし、会社のような上下関係がある所では、相手の最適な距離感が伝わりづらいです。


そのため、やらかさないようにするために、職場での人間関係は一定の距離感を保つようにするのが良いでしょう。

例えば、以下のような深入りはやめましょう。

  • 相手のプライベートの話を必要以上に聞き出す
  • 定時外での過剰な付き合い
  • 過度なボディータッチ

なお、深入りしないことには「仕事のオンオフを分けられる」「範囲外の業務が発生しにくい」等のメリットもあります。

>> 職場の人間関係は深入りしないほうがいい!3つのメリットと方法


一定の距離感を保ち、職場の人間関係でやらかさないようにしましょう。

職場には合わない人もいると考える

職場には性格や価値観が合わない人も多くいます。

なぜなら、職場は友達や恋人のような相性がいい人を集めているのではなく、利益追求のための集団だからです。

そのため、職場には合わない人もいると割り切るのが良いでしょう。

>> 職場の人間関係が合わないと思ったら考えたい5つのポイント

まとめ:職場でやらかしても自分を責めないで

本記事では、職場の人間関係でやらかしてしまったときに考えることを紹介しました。


まず、以下の方法で本当にやらかしてしまったのか考えましょう

  • 同じ部署の人の反応
  • 他部署の人の反応
  • 仕事に対する評価


その上で、やらかしてしまった後に取るべき行動を紹介しました。

  • 挽回できるかを客観的に考える
  • 仕事で成果を上げる
  • なるべく早く謝罪と今後気をつけることを伝える
  • 孤立をしても割り切る
  • 転職エージェントに登録して安心感を得る
  • 異動や転職で職場環境を変える


また、併せて職場の人間関係でやらかさないようにするために気をつけることを紹介しました。

  • 同じ過ちを繰り返さない
  • 職場の人間関係に深入りしない
  • 職場には合わない人もいると割り切る


やらかしてしまうことはどんな人だってあります。

しかし、その後に自分を攻め続けても解決しませんし、気にする程ミスは増えてしまいます。


一番行ってはいけないのは、やらかした後に何も行動を取らないことです。

今回ご紹介した対処法を実践する事で状況は改善するでしょう。

まずは行動をしましょう。

コメント

今すぐ環境を変えたいなら転職エージェントに登録!
無料で登録できるおすすめエージェントはこちら▶▶
詳細はコチラ
今すぐ環境を変えたいなら
  転職エージェント!
詳細はコチラ
タイトルとURLをコピーしました