労働時間の悩み

仕事で残業をしたくない!残業を減らして長時間労働を辞める方法

労働時間の悩み

このような方におすすめ!

悩んでいる人
悩んでいる人
  • 労働時間を削減し残業を無くしたい
  • 長時間労働を辞めてプライベートの時間を増やしたい
  • 残業がない職場に転職したい


この記事を読むことで、以下のことが分かります。

記事で分かること
  • 残業時間を削減する方法
  • 自身の生産性を向上させる方法


フルフル
フルフル

私は人事コンサルタント・職場カウンセラーとして数多くの企業、そしてそこで働く人の悩み相談を行ってきました。

その私が、残業を減らして最適なワークライフバランスを実現する方法をまとめました。


結論ですが、 残業の理由と対処法を知ることで残業時間は削減できます。

なぜなら、慣習が残業時間を長くしていることが多いためです。


3分ほどで読めますので、「仕事で残業をしたくない!」という方は参考にしてください。

長時間労働や残業したくないという理由で退職する人は多い

厚生労働省が2020年に調査した「前職を辞めた理由」では、男性では8.3%の方が、女性では11.6%の方が”労働時間等の条件の悪さ”を挙げています。

これは、「計画期間満了」を除くと男性では3番目に多く、女性では2番目に多い退職理由です。

厚生労働省:転職入植者が前職を辞めた理由別割合

出典:厚生労働省「令和2年雇用動向調査結果の概要


つまり、男女ともに退職・転職の理由として「労働時間の長さ」を挙げる人は多いと言えるでしょう。

残業をしたくないなら業務方法・価値観のアップデート

労働時間の悩みを解決するには、業務方法・仕事の価値感のアップデートが必要。

残業をしたくないなら、「仕事の業務方法」「仕事に対する考え方」の2つをアップデートする必要があります。

なぜなら、残業は習慣化されてしまい意識して変革をしないと現状は変わらないためです。


また、残業時間は業務方法と価値観の両方をアップデートすることで初めて残業時間が減ります。

例えば、どちらか一つしか変革されていない場合以下のような状態になります。

  • 業務効率を向上させたが、職場の風土的に残業をせざるを得ない
  • 残業をしなくてもよい風潮があるが、仕事がいつまでも終わらず残業をする


では、どのようにそれぞれをアップデートするのが良いか見ていきましょう。

脱長時間労働〜業務方法アップデート〜

残業をなくすためには業務方法のアップデートが必要

仕事で残業時間を減らすには、業務を効率化しましょう。

なぜなら、生産性を上げなければ仕事が終わらず勤務時間を減らすことができないためです。


この悩みを抱えている人向けの記事を紹介します。

長時間労働が常態化している人

毎日の残業がおかしいと感じてはいないでしょうか?

また、常態化している長時間労働を削減するために四苦八苦してはいませんか?


以下の記事では、日々の残業を減らすための施策をご紹介しています。

実行し、残業時間が減り最適なワークライフバランスを実現しましょう。

>>毎日残業はおかしい!常態化している辛い残業を減らす5つの方法

誤脱や納期忘れなどのミスが多い人

長時間労働に悩まされてはいないでしょうか?

その原因は、ケアレスミスなどによる「手戻り」が原因かもしれません。


この記事ではケアレスミスを引き起こしている原因と対策方法について解説しています。

ケアレスミスを無くすことで労働時間を削減しましょう。

>> 脱・長時間労働!コンサルが教える5つのケアレスミスをなくすためのポイント

仕事が中々覚えられない人

仕事を中々覚えることができず、会社を辞めたいと考えていませんか?

あなたが仕事を覚えられないのは記憶力やスキルのせいではありません。


本記事では、仕事を覚えられない原因とその対処法を紹介しています。

現状を変えるために行動をしましょう。

>> 仕事が覚えられなくて辞めたい!業務を忘れる原因5選【ストレスを0に】

脱長時間労働〜考え方アップデート〜

残業時間を減らすには仕事に対する考え方をアップデートしよう。

仕事で残業時間を減らすには、仕事に対する考え方を変えましょう。

なぜなら、残業は常態化しやすいため、定時内に終わらせる意識を持たなければ残業時間を削減できないからです。


そのため、残業をすることを前提で仕事をするのではなく、定時内に仕事を終わらせるという意識を持ちましょう。

この悩みを抱えている人向けの記事を紹介します。

職場で残業が多い理由を知りたい人

仕事で残業をしたくないのに長時間労働で悩まされていませんか?


この記事では職場で残業が多い理由と残業を削減するための対処法をまとめました。

個人で変えられることと変えられないことを見極め、あなたにとって最適なワークライフバランスを実現しましょう。

>> 仕事で残業をしたくない!定時で帰る正社員はわがまま?【人事コンサルが解説】

今の職場の風土では残業削減ができない人

今の職場で長時間労働が続いているから転職をしたいとは考えていないでしょうか?

残業が理由の転職を成功させるにはコツがあります。


この記事では、転職の際にどのようなことに気をつけたら良いのかまとめています。

最適な転職先を見つけるために戦略的に転職活動をしましょう。

>> 「残業をしたくないから転職」はOK!5つの秘訣と定時退社のメリット

まとめ:残業削減のために慣習を断ち切ろう

本記事では残業を減らして最適なワークライフバランスを実現する方法を紹介しました。

ポイントは以下の2つです。

  • 業務の効率化をして短時間で仕事を終わらせる
  • 習慣化された仕事の考え方を変える

業務方法と考え方を両方ともアップデートすることで仕事時間は大幅に減るでしょう。


また、迅速に残業を削減したい人は転職で職場環境を変えるのもおすすめです。

なぜなら、職場風土が変わることで残業に対する意識が強制的に変えられるためです。


なお、転職の際は転職エージェントを利用するのがおすすめです。

面接対策等を行ってくれるだけでなく、求人票だけでは分からない勤怠状況などの職場事情を教えてくれるためです。

>> 登録だけでもOK!おすすめの転職エージェント【登録無料を厳選】


本記事が長時間労働で悩んでいる人の参考になると幸いです。

コメント

今すぐ環境を変えたいなら転職エージェントに登録!
無料で登録できるおすすめエージェントはこちら▶▶
詳細はコチラ
今すぐ環境を変えたいなら
  転職エージェント!
詳細はコチラ
タイトルとURLをコピーしました