労働時間の悩み

「残業をしたくないから転職」はOK!5つの秘訣と定時退社のメリット

労働時間の悩み

このような方におすすめ!

悩んでいる人
悩んでいる人
  • 残業をしたくないという理由で転職していいのか不安
  • 定時退社ができる職場に転職したい
  • 残業をしないことで得られるメリットを知りたい


この記事を読むことで、以下のことが分かります。

記事で分かること
  • 残業をしないことによるメリット
  • 残業をしたくないという理由でも転職を成功させるコツ


フルフル
フルフル

私は人事コンサルタント・職場カウンセラーとして数多くの企業、そしてそこで働く人の悩み相談を行ってきました。

その私が、定時退社のメリットと残業が理由で転職する際のコツをまとめました。


結論ですが、残業が理由での退職は要点を押さえる必要があります。

なぜなら、ネガティブな転職理由だけでは希望の企業に転職することが難しいからです。


3分ほどで読めますので、「残業をしたくないから転職をしたい!」という方は参考にしてください。

残業をしないことのメリット

前提として、そもそも残業は「しなくてもよいもの」です。

なぜなら、残業をしないことのメリットはすることのメリットを大きく上回るからです。


定時退社を理想的な働き方と考え、定時退社が可能な会社に転職を希望する人は沢山います。

ではまず、残業しないことによってどんなメリットがあるのか紹介します。

メリット①:プライベートに使える時間が増える

定時退社をすると、残業していた分の時間をプライベートに充てることができます。

家族との時間、趣味、自己研鑽など、残業のせいで時間をとれていないことが沢山あるのではないでしょうか?

それらに時間を費やすことができるようになります。


特に、勉強や読書など自己研鑽の時間を確保できるとスキルアップができます。

定時退社し自己研鑽をすることで、残業するよりもあなたにとって価値のあるものになるでしょう。

メリット②:仕事の生産性があがる

定時に帰ることを意識して取り組むことで生産性の向上にもなるでしょう。

なぜなら、定時までに仕事を終えるにはどうすればよいか考えて仕事をするようになるからです。


例えば以下の経験はないでしょうか?

残業が常態化している状態
  • 残業で仕事すればよいかとキャパシティ以上の仕事を引き受けている
  • 集中すれば1時間で終わる業務に3時間以上かけている
  • 仕事を効率的に終わらせる工夫を考えていない


残業が常態化してしまえば、「残業ですればいいか」という怠惰な気持ちが生まれてしまいます。

そういった職場風土では、いつまで経っても生産性は上がりません。

>> 仕事で残業をしたくない!5つの長時間労働になる理由と対処法


残業をしないと決めれば、集中して仕事をするようになります。

そして、効率的に仕事をこなすスキルが自然と身につき生産性が向上するでしょう。

メリット③:健康でいられる

健康の土台となるのは、「食事」「運動」「睡眠」です。

定時退社が習慣になれば、この3つ全てを意識できるようになります。


残業ばかりしていると外食や中食が増えてしまいがちです。

定時退社すれば自炊の時間がとれるので、栄養バランスを考えて食事ができるようになります。

また、運動や睡眠の時間もしっかり確保できるでしょう。


結果として、心も身体も健康になります。

どんなに優れたスキルを持っていても、心身の健康なくして働くことはできません。

そして、心身を健康に保つためには残業をしないことが大事でしょう。

残業が理由で転職する際のコツ

「残業をしないことのメリット」を強く感じる人は、若者を中心に増加しています。

働き方改革の影響を受け、ワークライフバランスの実現を重視する傾向にあるためです。


また、「残業をしたくない」という感情は常に転職理由のランキングの上位に位置しています。

つまり、「残業をしたくない」は立派な転職理由になるのです。


しかし、定時退社できる会社に転職するにはコツがあります。

次に挙げる5つのコツを押さえて転職活動をすれば、転職に成功する可能性は大きく高まります。

ポジティブな転職理由を考える

「転職を決意した理由」は、面接での定番質問の一つです。

そこでは、ポジティブな転職理由を伝えるようにすることが重要です。


「残業が嫌」という理由をそのまま伝えてしまえば、企業側にマイナスな印象を与えます。

「やる気がない」と思われてしまうかもしれません。


転職を成功させるには転職理由をポジティブな内容に変換することが必要です。

例えば、「残業が嫌」ということをポジティブに変換すると次のようになります。

  • 仕事とプライベートを充実させることで、仕事のパフォーマンスを上げたいため
  • 効率よく仕事をこなすスキルを身につけ、御社に貢献したいため
  • 心身ともに健康な状態で働き、長く勤めたいため


このように前向きな転職であることを伝え、自分を雇うことの利点をアピールすることが重要です。

求人票だけで勤務時間を判断しない

求人票の内容だけで勤務時間を判断するのは危険です。

勤務実態をすべて求人票に記載しているとは限らないからです。


実態を知るためには転職エージェントに登録してアドバイザーに確認するのが良いでしょう。

なぜなら、アドバイザーは転職先の人事と繋がりがあったり、すでに転職した人から情報を聞いたりするためです。


第三者目線でアドバイスをくれる転職エージェントを是非とも利用しましょう。

>> 登録だけでもOK!おすすめの転職エージェント【登録無料を厳選】

同業種または同職種に転職する

定時退社するためには、同業種または同職種に転職するのもよいでしょう。

なぜなら、新たに身につけることが少ないためです。


未経験の分野の会社であれば、覚えることが多いため残業をせざるを得ない状況になることが多いでしょう。

しかし、同業種または同職種であれば前職のスキルを生かすことができます。


そのため、早い段階で仕事の要領を掴むことができ定時で帰れるようになります。

社員面談や口コミを確認する

転職先の実態を把握するには、社員面談や口コミなど社員の「生の声」を聞くことも重要です。

基本的に、面接官は会社のマイナスイメージにつながるようなことは言わないためです。


労働時間の実態や職場の雰囲気などは、実際に勤務している社員からしか分かりません。

特に、業務量は少ないものの帰りづらい雰囲気で結果的に残業者が多い場合は気をつけましょう。


入社してみないと分からないこともありますが、社員面談や口コミを通してできる限りの情報は集めておきましょう。

離職率を確認する

長く勤められる会社かどうかを見極める上で、離職率は重要なデータの一つです。

離職率が異常に高い会社は要注意。

従業員が次々に辞めてしまう企業には、求人票と実態の内容が違うなど何らかの原因があるためです。


離職率の調べ方には、下記の方法があります。

  • 就職四季報で調べる
  • ハローワークに問い合わせる、まてはハローワークの出している求人票の数字から計算
  • 転職エージェントに登録し、エージェントを通して聞く


以上の方法などで離職率を事前に確認しておきましょう。

まとめ:残業したくないなら戦略的に転職活動をしよう

本記事では、定時退社のメリットと残業が理由で転職する際のコツを紹介しました。


残業をしないことのメリットは3つです。

  • プライベートに使える時間が増える
  • 仕事の生産性が上がる
  • 健康でいられる


残業が理由で転職する際のコツは5つです。

  • ポジティブな転職理由を考える
  • 求人票だけで勤務時間を判断しない
  • 同業種または同職種に転職する
  • 社員面談や口コミを確認する
  • 離職率を確認する


残業はしないに越したことはありません。

「残業はしたくないが、この会社では残業削減はこの先見込めない」と思えば、転職を検討するべきです。

自分が理想とする働き方ができる会社かどうかをしっかり見極め、戦略的に転職活動をしていきましょう。

コメント

今すぐ環境を変えたいなら転職エージェントに登録!
無料で登録できるおすすめエージェントはこちら▶▶
詳細はコチラ
今すぐ環境を変えたいなら
  転職エージェント!
詳細はコチラ
タイトルとURLをコピーしました